LINE CREATIVE CENTER

LINE株式会社のUI/UX、BXデザイン、映像制作、スペースデザインなどを担当する「LINE CREATIVE CENTER」の公式noteです。https://twitter.com/linecreative_jp

LINE CREATIVE CENTER

LINE株式会社のUI/UX、BXデザイン、映像制作、スペースデザインなどを担当する「LINE CREATIVE CENTER」の公式noteです。https://twitter.com/linecreative_jp

    マガジン

    • #デザイン 記事まとめ

      • 6,215本

      デザイン系の記事を収集してまとめるマガジン。ハッシュタグ #デザイン のついた記事などをチェックしています。広告プロモーションがメインのものは、基本的にはNGの方向で運用します。

    • クリエイティブセンターの雰囲気

      クリエイティブセンターがどんな組織か、その雰囲気をお伝えする記事をまとめたマガジンです

    • #UI 記事まとめ

      UIデザインについての記事をまとめたマガジンです。

    • #BX 記事まとめ

      BXデザインについての記事をまとめたマガジンです。

    • #映像デザイン 記事まとめ

      映像デザインについての記事をまとめたマガジンです。

    リンク

    最近の記事

    固定された記事

    LINE CREATIVE CENTERのnoteを初めてご覧になった方へ

    こんにちは、LINE CREATIVE CENTERです。 このnoteでは、LINE CREATIVE CENTERがどのような組織で、どのような人たちが、どのような考え方の元に働いているかを発信しています。 すでにたくさんの記事がありますが、この記事では初めてこのnoteをご覧になった方のために、まずは読んでいただければと考えている記事をご紹介していきます。 私たちの組織に興味を持っていただけたら、是非とも他の記事もご覧ください。 組織のご紹介デザイナーについて知るには

    スキ
    72
      • 【24卒】LINEデザイン職新卒採用 STARTER GUIDE

        現在LINE株式会社では、2024年度入社のデザイン職 新卒採用のエントリーを受け付けております。 そこで、新卒採用に関してよくいただく質問を元に情報を整理しました。 この記事を読んでさえいただければ、LINEのデザイン職新卒採用についておおむねわかっていただけると思いますので、ぜひ最後までご覧ください! どんな仕事なの?募集しているのは以下の3職種です。 プロダクトデザイナー(UI) BXデザイナー モーションデザイナー 各職種の仕事内容につきましては、以下のno

        スキ
        5
        • センター長からの手紙 - 1通目

          こんにちは、執行役員CX統括(Creative eXperience Executive Officer)兼クリエイティブセンターのセンター長をしておりますKim SunKwanです。 先日、今年度のLINEデザイン職のインターンシッププログラムが終了しました。いつもインターンシッププログラムを進行しながら感じることがあります。それはインターン生たちの「熱い情熱」です。彼ら、彼女たちの情熱に負けないよう私たちも全力で応えるため、私たち自身も毎年刺激をもらい、そして一緒に成長

          スキ
          36
          • ありそうでなかった?「占い×シンプル」 UIデザインのポイント

            こんにちは。Biz Designチームです。 突然ですが、占いは好きですか?朝のニュースでやっている星座占いから、占い師に直接見てもらう本格的なものまで、さまざまなものがありますが、一度は自分の運勢や、誰かとの相性を調べてみたことがあるのではないでしょうか。 LINEでも2013年から、オンラインで気軽に占いを楽しめる「LINE占い」というサービスを運営しており、この記事を読んでいる方の中にもLINE占いをご存知だったり、利用したことがある方もいらっしゃるかもしれません。

            スキ
            36

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • #デザイン 記事まとめ
            noteマガジン 他
          • クリエイティブセンターの雰囲気
            LINE CREATIVE CENTER
          • #UI 記事まとめ
            LINE CREATIVE CENTER
          • #BX 記事まとめ
            LINE CREATIVE CENTER
          • #映像デザイン 記事まとめ
            LINE CREATIVE CENTER
          • イベント記事まとめ
            LINE CREATIVE CENTER

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            Z Entertainmentのブランドデザインをご紹介します

            こんにちは、BXデザイン室です。 私たちは、2021年に本格始動したYahoo! JAPAN、LINEの国内エンターテインメントサービスを各社と共同で運営する「Z Entertainment株式会社」のブランドデザインを担当しました。 Z Entertainment株式会社(以下、ZE)はLINE VOOM、GYAO!、LINE GAME、LINE MUSICなどを各社と共同で運営していますが、このように幅広いサービスを運営する会社のブランディングはメンバーにとっても貴重

            スキ
            49

            常に進化していく社内アイデアコンペ、CREATIVE IDEA PROJECT

            こんにちは。クリエイティブコミュニケーションチームです。 LINE CREATIVE CENTERではデザイナーの成長・挑戦・教育支援を目的に、様々なイベントを実施しながら私たちのデザイン組織文化を構築しています。 その中の一つの取り組みとして、7月28日にCREATIVE IDEA PROJECTを開催しました。今回で3回目を迎えたこのCREATIVE IDEA PROJECTを、私たちがどのように改善しているのか、みなさんに紹介したいと思います。 CREATIVE

            スキ
            10

            【受付期間終了】カジュアル面談しませんか?ーーLINE CAREER TALK for Designer 2022 開催

            2022/10/03 追記 このキャンペーンは終了いたしました。 クリエイティブセンターでは引き続きデザイン職を募集しておりますので、求人サイトをご確認いただけると幸いです。 こんにちは、LINE CREATIVE CENTERです。 この度、クリエイティブセンターのメンバーとカジュアル面談ができる「LINE CAREER TALK for Designer 2022」の実施が決定いたしました。 LINE CAREER TALK for Designer 2022とはLI

            スキ
            36

            オンラインイベント資料のデザインルール

            こんにちは、クリエイティブ戦略チームのkennyです。まだまだ暑い日が続いておりますが、みなさんいかがお過ごしでしょうか。私自身はハイブリッドワークのおかげで(といってもほとんど在宅で仕事しているので)すこぶる快適に暮らしています。 さて、コロナ禍以降、大きく変わったもののひとつに会議やイベントの“オンライン化”があるかと思います。これまで対面やひとつの会場に集まって行われていたものが、世界中のどこにいても画面越しに会話したりイベントに参加できるようになりました。 私たち

            スキ
            83

            インターンノベルティ2年目のアップデートと変わらぬこだわり

            こんにちは、クリエイティブ戦略チームのmomoです。 今年もインターンシップの季節がやってきました! 4月から募集がはじまり、説明会や選考を経て、早いコースでは8月1日からプログラムがスタートしています。 今年もオンラインで実施するコースがほとんどのため、インターンに参加するワクワクをオフィスに来なくても感じてもらえるよう、体験設計の一つとしてノベルティBOXをつくりました。 ノベルティの紹介まずは、今年制作したノベルティたちを紹介します。制作はBXデザイン室が手がけました

            スキ
            51

            これは見るべき!LINEのデザイナーがおすすめする映像17選

            LINE CREATIVE CENTER note編集部です。 もうすぐお盆休みという方もいらっしゃると思いますが、みなさんはどのように過ごす予定ですか?外は暑くて出かけたくないけど、何かしたいと考えている方にLINEデザイナーがおすすめする映像をご紹介しようと思います。 【動画編】imai / Fly feat.79,中村佳穂 これは、このMVを作った映像作家のbaku(橋本麦)さんが個人的に好きで、そこから知りました。 曲に合わせて踊る(?)餅のストップモーションで

            スキ
            166

            進化し続けるオフィスとLINEスペースデザイナーとしての面白さ

            こんにちは。スペースデザインチームです。 本社が四谷に移転してからしばし経ちました。四谷オフィスはLINEの「第二創業期」を意識し、変化し続ける姿勢を体現するために3つの空間戦略である「FLEXIBLE」「CONNECT」「SUSTAINABLE」をテーマに設計を行いました。 当時も新型コロナウイルス感染症の対策を取り入れた設計でしたが、運用していく中でオフィスに対する要望も日々変化し続けています。本日は四谷オフィス引越し後のリニューアル内容とともに、インハウスの空間デザイ

            スキ
            19

            『LINE PLACE』サービスのイメージを確立させるためのリブランディング

            こんにちは、note編集部です。今回は、LINE PLACEのブランドデザインを担当しているBXデザイン室に、2021年9月に行われた大幅なサービスリニューアルでのブランディングについてインタビューしました。 LINE PLACEのリニューアルについては、Local Product Design Teamが担当したUIのリデザインを中心にこちらの記事でも紹介されています。 リブランディングの背景LINE PLACEは、「LINE」アプリ上で自分の気分や好みに合ったお店を簡

            スキ
            13

            VFXで作った仮想世界が楽しめるThe Chemical BrothersのMV5選

            こんにちは。Production Design TeamのMinjungです。 最近の映像制作では、デジタル技術とコンピュータグラフィック(CG)に基づく Visual Effect(VFX)を利用した制作が活発に行われています。 多くの映画がVFXを積極的に活用し、今では実際のセットを作らなくても空想上の都市を建設したり、仮想のキャラクターを創造して出演させるなど、ますます幅広い分野で多様なものが制作されています。 今回は、VFXを使って現実感のある仮想世界を作った映像をご

            スキ
            13

            シンプルな情報をユニークに伝えるには?「Z Entertainment」のWebサイトデザイン

            こんにちは、Advanced Designチームです。Yahoo! JAPANとLINEの国内エンターテインメント事業を統括する「Z Entertainment」(略称ZE)を紹介するWebサイトのデザインを担当しました。 ZEは、昨年度本格的に事業をスタートした会社です。 ZEの設立にあたり、さまざまなサービスを統括する会社であるためWebサイトが必要だということで制作依頼を受けました。この記事では、その制作の過程や細かなデザインのポイントについてお話しします。 プロ

            スキ
            83

            CREATIVE CENER CLUB Vol.4-第2回インタラクションセミナーを実施しました。

            こんにちは!クリエイティブコミュニケーションチームです。先日開催した「CREATIVE CENTER CLUB Vol.4」の様子をお届けいたします。 CREATIVE CENTER CLUBとは、LINEのデザイナーが自主的にデザインに関する知識や情報を共有し、互いに刺激を与え、さらに成長する事を目的とした社内イベントで、不定期に開催しています。 4回目となる今回は、1回目のCLUBと同じくAdvanced Designチームがインタラクションデザインについて理解を深め

            スキ
            13

            LINEのデザイン哲学や文化がこの一冊にーー『LINE GROUND』刊行

            LINEには国内だけでなく海外拠点にも多くのデザイナーがおり、グローバルに展開するLINEの多種多様なサービスをクリエイティブの面で牽引しています。 そんな私たちデザイナーの姿をより鮮明に、より深く知っていただくために、この度、LINEのデザイン哲学や文化、働く環境などをご紹介する書籍『LINE GROUND』を刊行しました。なお、この書籍は非売品であり、一部の教育機関やデザイン関係者にのみ配布予定です。 この記事では、そんな『LINE GROUND』について簡単にご説明しつ

            スキ
            48