LINE CREATIVE CENTER

LINE株式会社のUI/UX、BXデザイン、映像制作、スペースデザインなどを担当する「LINE CREATIVE CENTER」の公式noteです。https://twitter.com/linecreative_jp

LINE CREATIVE CENTER

LINE株式会社のUI/UX、BXデザイン、映像制作、スペースデザインなどを担当する「LINE CREATIVE CENTER」の公式noteです。https://twitter.com/linecreative_jp

    マガジン

    • #デザイン 記事まとめ

      • 6,380本

      デザイン系の記事を収集してまとめるマガジン。ハッシュタグ #デザイン のついた記事などをチェックしています。広告プロモーションがメインのものは、基本的にはNGの方向で運用します。

    • プロダクトデザイン

      プロダクトデザインについての記事をまとめたマガジンです。

    • スペースデザイン

      スペースデザインについての記事をまとめたマガジンです。

    • BXデザイン

      BXデザインについての記事をまとめたマガジンです。

    • 映像デザイン

      映像デザインについての記事をまとめたマガジンです。

    リンク

    最近の記事

    • 固定された記事

    LINE CREATIVE CENTERのnoteを初めてご覧になった方へ

    こんにちは、LINE CREATIVE CENTERです。 このnoteでは、LINE CREATIVE CENTERがどのような組織で、どのような人たちが、どのような考え方の元に働いているかを発信しています。 すでにたくさんの記事がありますが、この記事では初めてこのnoteをご覧になった方のために、まずは読んでいただければと考えている記事をご紹介していきます。 私たちの組織に興味を持っていただけたら、是非とも他の記事もご覧ください。 組織のご紹介デザイナーについて知るには

      • 年末年始を盛り上げる!「あけおめスタンプ2023」のプロダクトデザイン

        こんにちは。Social Design Teamです。 年が明けてまもなくひと月が経ちますが、みなさんお正月はどんなふうに過ごしましたか? LINEでは、年末年始を楽しんでいただくために例年さまざまなコンテンツを展開しています。 Social Design Teamでは、「あけおめスタンプ2023」に関連するデザイン制作を担当しました。この記事では、キャンペーンサイトのUIデザインを中心にこだわりやコンセプトをご紹介します。 「あけおめスタンプ」とは?年末年始は家族や友人

        • ボクでもわかる!ミッション、ビジョン、バリューの見方

          こんにちは、クリエイティブコミュニケーションチームのTatsu.です。組織デザイン【連載】第3回目の今回は、組織デザインにおいて重要な文化の根源であり、私たちが常に立ちかえる概念でもある、ミッション、ビジョン、バリューについてです。 自分が働くデザイン組織の使命や行動の指針を理解したくて、自分の言葉に変換しながら読み解いていたところ、全人類に知って欲しい、なんだかスゴイことに気が付いたような気がしたので共有したいと思います。 こんな方へ是非読んでいただき、少しでも明日から

          • SNSで話題になったLINE Seed JPモーショングラフィックについて制作者に聞いてみた

            私たちは、LINEの日本語版コーポレートフォント「LINE Seed JP」を2022年10月24日にリリースいたしました。その際に公開したモーショングラフィックについてSNSを中心に大きな反響をいただきましたので、今回の記事では実際にモーショングラフィックを制作したチームにその裏側を聞いてみました。 まだ、LINE Seed JPのモーショングラフィックをご覧になっていない方は、以下からご確認ください。 まずは、自己紹介をお願いします。 Motion Graphic

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • #デザイン 記事まとめ
            noteマガジン 他
          • プロダクトデザイン
            LINE CREATIVE CENTER
          • スペースデザイン
            LINE CREATIVE CENTER
          • BXデザイン
            LINE CREATIVE CENTER
          • 映像デザイン
            LINE CREATIVE CENTER
          • 組織デザイン
            LINE CREATIVE CENTER

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            LINEデザイン組織のリーダーたちに聞いた、2023年の抱負とデザイントレンド!

            明けましておめでとうございます!皆さま、年末年始はいかがお過ごしでしたか? 2023年最初の投稿となる今回は、LINE社内のデザイン組織「CREATIVE CENTER」の各部門リーダーに聞いた『今年の抱負』と『2023年の気になるデザイントレンド』をご紹介したいと思います! <Product Design1室 室長 / Kim Younghoさん>◆2023年の抱負 全体的な業界の変化と世の中の流れにより、多くのものが新しく生まれたり、消えています。 LINE組織の一員

            2022年にスキされた記事BEST10

            こんにちは、クリエイティブコミュニケーションチームのTatsu.です。 今年も残すところあとわずかとなりましたが、皆さんはいかがお過ごしですか?私は大掃除を大急ぎで進めています。懐かしいものが出てくる度に思い出に浸ってしまい、今年中に掃除を完了できる気がしませんが...。 そんな私や皆さんの慌ただしい年末年始の時間を溶かす?2022年の1年間でスキされた記事BEST10をご紹介いたします。 第10位/ 初心者にもわかりやすく!シンプルさと専門性を両立させた「LINE C

            デザイン組織の運営に必要なこと = クリエイティブ×コミュニケーション

            この記事は、LINE CREATIVE CENTERの組織デザインを紐解きながら、組織運営の知見や想いを紹介していく連載企画です。 こんにちは、クリエイティブコミュニケーションチームのTatsu.です。 組織デザイン【連載】の第2回目となる今回は「デザイン組織の運営に必要なこと」です。結論は “クリエイティブ×コミュニケーション” だと考えています。その理由を、デザイナーが業務に集中し成長できる仕組みやプログラムを企画・運営するクリエイティブコミュニケーションチームを紐解

            社内依頼システム「DRS」のデザインリニューアルすべて語ります!

            こんにちは、O2O Designチームのソ·ミョンウォンです。 今回は、最近私たちのチームで担当した、社内向けデザイン依頼システム「DRS」のリニューアルプロジェクトに関するデザインフローついてご紹介します。 1.DRSとは何か? DRSはDesign Request Systemの略で、事業部がデザイン部署に依頼する時に使用する社内システムです。DRSを通じてデザイン業務に必要な情報であるデザインの形式、サイズ、納品日などについてのコミュニケーションを取り合い、進行状況

            【裏側公開】「Tech-Verse 2022」のブランドデザイン

            こんにちは、BXデザイン室です。私たちは、11月17-18日の2日間で開催されたオンライン技術カンファレンス「Tech-Verse 2022」のブランドデザインを担当しました。この記事では、Tech-Verseのブランドデザインがどのように作られたかをご紹介します。 Tech-Verseとは?これまでLINEとヤフーは毎年それぞれ技術カンファレンスを開催してきましたが、今年はLINEとヤフーに加えて、グループ企業6社*が参加し、Tech-Verse 2022」として初めて合

            センター長からの手紙 2 - サッカーとデザイン

            こんにちは、執行役員CX統括(Creative eXperience Executive Officer)兼クリエイティブセンターのセンター長をしておりますKim SunKwanです。 先月、「メンターとセルフブランディング」をテーマとしたこちらの記事を書いたのですが、もうお読みいただけたでしょうか。僅かでもみなさんのキャリアの参考になっていたなら幸いです。 さて、4年に一度のサッカーの祭典、ワールドカップが始まりましたね。 私はデザインの仕事が大好きですが、それと同じく

            「なぜ、LINEはデザイナーのプレゼンスが高いのか?」Design Meetup COLORFUL!開催レポート

            こんにちは、クリエイティブ戦略チームのGOです。 10月26日に、デザイナーを対象としたトークイベント「Design Meetup COLORFUL!」をマネーフォワード株式会社と共催で実施しました。LINEのデザイナー2名が登壇し、デザイナーがプレゼンスを上げるノウハウや他職種との協業について語った内容を、この記事でレポートします! LINEの登壇者まず、登壇者は以下の2名でした。 CREATIVE CENTER O2O Designチーム マネージャー 全 炯晩 /

            デザインでレビュー投稿のハードルを下げる、LINE PLACE「特徴タグ」

            こんにちは、 LINE CREATIVE CENTER note編集部です。今回はLINE PLACEの「特徴タグ」という機能がどのように開発・デザインされたのか、担当したLocal Product Designチームのウォンボさんにお話を聞きました。 LINE PLACEとは、グルメレビューアプリ「LINE CONOMI」と「LINE」アプリ上でお店探しができるサービス「LINE PLACE」が統合されたサービスです。 ウォンボさんは、新卒として入社してから約2年半の間、

            LINE CREATIVE CENTERの組織デザイン

            こんにちは、クリエイティブコミュニケーションチームのTatsu.です。この記事では22年8月に中途入社した私が、LINEのデザイン組織「LINE CREATIVE CENTER」をご紹介します。 日本を始め、アジア地域を中心に世界で数億人に利用されるコミュニケーションアプリへと成長を続けるLINE。そこに関連する幅広いデザインを手掛けるLINE CREATIVE CENTERは、どのような組織デザインを行なっているのでしょうか? 組織文化・モチベーション・教育における、デザ

            続、社内イベントのために「ここまで!?」CREATIVE CENTER CLUB Vol.5

            クリエイティブコミュニケーションチームです。 先日CREATIVE CENTER内で行った「CREATIVE CENTER CLUB Vol.5」の開催レポートをお届けいたします! CREATIVE CENTER CLUBとは、LINEのデザイナーが自主的にデザインに関する知識や情報を共有し、互いに刺激を与え、さらに成長する事を目的とした社内イベントで、不定期に開催しています。 5回目となる今回のテーマは、以前にこちらのnoteでも紹介したCREAITVE CENTER C

            新卒入社して約半年、就活から今を振り返ります

            はじめまして!今年の春にLINEに新卒入社した奥村です。Financial Design2チームで主にLINE証券を中心としたデザイン業務を担当しています。 この記事では、LINEのデザイナーを目指した私の就活の振り返りと、実際に入社してみて感じたことを綴ろうと思います。 このような就活生の方に読んでいただき、すこしでも前向きな気持ちになれたりLINEのデザイナーについて知ってもらえるキッカケになったりすると嬉しいです。 私がLINEを志望した理由大学3年生の頃に私は、

            日本語版コーポレートフォント『LINE Seed JP』をリリースしました。

            このたび、LINE CREATIVE CENTERはLINEのコーポレートフォント『LINE Seed』の日本語書体をフォントワークス株式会社・Fontrixと共同開発し、2022年10月24日にリリースいたしました。 ブランディングの一環として2020年にグローバルでリリースした欧文コーポレートフォント『LINE Seed Sans』をベースに日本語、韓国語、タイ語が追加されました。 『LINE Seed JP』は今後LINEの事業活動やイベントなど、さまざまなシーンで使用