見出し画像

Webサービスの進化によって多様化したトラベルの世界

お疲れ様です。UIデザイン2チームのソヨンです。
昨年からLINEトラベルのデザインを担当していることもあり、LINEトラベルに掲載された沢山のサービスを利用してみたり、旅行好きな友達にお勧めされた新しい旅行用Webサイト/モバイルサービスなどを使用してみました。
数年前までは紙でできた沢山の旅行関連書類を持ち歩かないといけませんでしたが、最近では航空券、ホテル予約確認、現地ツアーパッケージなど旅行に関する全ての内容をアプリやスマホの機能で簡単に確認し記録することができるようになりました。
そこで、今回はそんな多様化したトラベルの世界についてお話したいと思います。

1.宿泊

Booking.com,agodaなどの宿泊予約機能があるアプリを通じて旅行地に関する情報を入力すると、その付近にある多くの旅館やホテル、繁華街までの距離、利用された方の評価を簡単に比較できるような情報が提供されています。
また、宿泊業者ではない地元の人が直接管理、運営する形態としてその国の住居文化も経験できるAirbnbのような民泊サービスを利用できる時代になりました。予約とキャンセル、そしてホテル予約証明もアプリを通じて確認ができる為、便利かつ信頼性のあるサービスとして今後も多様なサービスを提供できると思います。

画像1

LINEトラベルからでも、TOP画面の「ホテル検索」機能を通じて宿泊しようとしている旅行地や日程を入力すれば沢山の会社の宿泊料金を簡単に確認することができます。ご希望のホテルが見つかったらLINEトラベルからホテルを掲載されたサイトに移動し予約を行うことができます。

画像2

2.航空

かつては、それぞれの航空会社のホームページごとに航空券の価格を比較して探していました。しかし、現在はSkyscannerやTrip.comなどの旅行サービスアプリを通じて、全世界の多様な航空会社の航空券を簡単に検索し予約できるようになりました。予約した履歴もいつでもアプリを通じで確認可能なので、より安心して利用できるサービスになっています。

画像3

LINEトラベルでも、様々な条件の航空券を簡単に検索し予約できます。TOP画面で出発地や目的地を入力し日程を選択したら、希望の時間帯の航空券を簡単に比較しながら検索できます。

画像4

3.ツアー

LINEトラベルはホテルや航空券の予約以外にも、「ツアー検索」から人気旅行サイトの最安プランや自分にあったツアーを簡単に探すことができます。自分でスケジュール立てる旅行に慣れてない方はこちらを利用してみてください。

画像5

4.タクシー

旅行先で、急に現地のタクシーを利用することはについては多少なりとも負担があります。まずは言語的なの問題、または行きたい目的地がうまく伝達できない状況など、さまざまな不安要素が他の交通手段よりもあると言えるでしょう。
UberやGrabなどの場合、移動する為の予想料金や移動時間、経路に関する情報がアプリに全て表示される為、より安心して移動できます。また、事前に登録されたクレジットカードで決済できる為、現地通貨がなくても簡単に利用できるメリットもあります。

画像6

5.地図

紙でできた地図で四方八方迷うのとは異なり、これからはGoogle MAP一つで行きたい場所までの距離、交通、歩く時間、さらに地下鉄のルートビューまで正確で迅速に情報を把握することができます。交通の情報も提供されますし、周辺の環境も写真でチェックできる為、ルートに関する情報をより多く得られます。
単純に情報を提供するサービスにとどまらず、Tripadvisorの様な旅行プラットホームは、様々な旅行者の口コミや意見を調べることができる為、実際にその場所や体験しようとする利用者に適した情報を提供します。

画像7

LINEトラベルの「お出かけNOW」というサービスでは現在地を基盤に周辺で開かれるイベント、アクティビティ、グルメなど国内における豊富な旅行関連コンテンツを提供しています。歩いている最中に気に入った場所で様々な体験をしたい時、このサービスをご利用いただければと思います。

画像8

6.言語、通訳サービス

見知らぬ国で上手にコミュニケーションがとれるかどうかは常に悩みの種ですが、最近ではpapago、Google翻訳を使うことで、コミュニケーションがうまくいかない時を始め、現地語でぎっしり書かれたメニューや看板があっても、慌てずに旅行を快適に過ごせることでしょう。

画像9

7.旅行の感想、情報共有

旅行の為のサービスというわけではありませんが旅行をするときになくてはならないものがinstagramです。そのためトラベルのデザインを担当するチームの中でも旅行に頻繁に行かれる二人のinstagramを通じて、最近の旅行における口コミや情報をどうやって共有しているのか調べてみました。

画像10

いまだに旅行の初心者である私にとって、南アメリカ共和国はとても難易度が高い印象の旅行先ですが、同僚が最近行かれた旅行のinstagramを見ていると南アメリカの動物達の魅力にハマってしまいました。
ですので「#南アフリカ」とハッシュタグで南アフリカ関連の写真を検索すると、とても難しいと思っていた旅行地が身近な感じになりました。また、最近では映像も沢山アップロードされる為、映像を見ると自分がそこに居るかの様なリアルな感覚を味わえるようになりました。

画像11

また、毎年バリ島でサーフィンやヨガを楽しむ同僚がいるのですが、同僚から直接聞いた旅行地情報よりinstagramに投稿されている様々の写真を集めて見た方が、より旅行地の雰囲気を知りやすいように思いました。画像に付属する位置情報を通じてその場所を知ることができますし、そこからその場所に関してのより多くの旅行写真を見ることができます。


この様に便利になり進化されていく旅行サービスのおかげで、見知らぬ国に対してのハードルは低くなったため、旅行の情報量がより増えてきたと思います。
現在LINEトラベルも様々な機能を追加しており、より良いサービスに進化していてる最中です。これからも皆様の旅行がよりすてきな旅になる様に、良いUIデザイン・サービスを作り上げていきます〜!


Twitterで更新情報をお伝えしています

これからもよろしく✨
23
LINE株式会社のUI/UX、スペースデザイン、ブランドデザイン、イラスト、映像制作をデザインする「クリエイティブセンター」の公式noteです。https://twitter.com/linecreative_jp

こちらでもピックアップされています

#UI 記事まとめ
#UI 記事まとめ
  • 41本

UIデザインについての記事をまとめたマガジンです。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。