見出し画像

2019年新卒デザイナーレポート 入社編

今年の4月1日から新卒で入社したブランドデザイン3チームの北川です。連載形式で新卒で入社したデザイナーのレポートを書くことになり、今回が2回目です。


今回は入社~新卒全体研修についてお伝えしたいと思います。

その前に内定式についてお話しますね。
電話で内定の連絡が9月中頃にあり、10月1日に内定式があるよと伝えられます。
前回何も触れなかったのですが、服装は面接含め全て指定ありません。何着てもいいですが、スーツを着ると浮いてしまうのでやめたほうがいいですね。
内定式は、前半に会社の説明があり、後半はバイキング形式の懇親会でした。デザイナーは1人だけなので知り合いがおらずコミュ障爆発してほぼ喫煙所にいました。ウソです、みんな話しかけてくれました。
内定式の時にBX室から3年前くらいに新卒で入られた先輩がきてくれて、面接以外で初めてLINEのデザイナーとお話しできて嬉しかったです。その時忙しかったらしく15分くらいで帰られましたが(笑)
それで引越しだとか、卒業式だとかを済ませてようやく4月1日に入社となりました。

入社

4月1日当日は朝から入社式があります。

http://line-hr.jp/archives/53206892.html

入社式ではデザイナーの先輩方がたくさん来てくれて「お迎え」という感じでした。入社式が終わると研修が始まるので、先輩方としばらく会うことはありません。とても寂しかったです。入社式が終わると研修が始まります。

一週目

研修では初めはPCの設定や福利厚生の説明、事業部紹介などがあります。その後3日間、外部講師を呼んでのビジネスマナー研修があります。名刺交換の仕方から、メールの書き方、仕事の受け方などをザックリと勉強しましたが、面白いのは他の一般的な企業とLINEの社風が大きく違うことです。まず、LINEには固定電話がないデスクが多いので電話を取らないで良い場合があります(もちろん取り方は知っておくべきです)。また、先輩とのやりとりはLINEのスタンプなどを使うなどめちゃくちゃフランクです。研修中は外部講師の方から一般的なビジネスマナーを教わりますが、都度人事の方が「LINEではこうだよ~」と合いの手を入れながら進行されます。
怖い話をすると、新卒同期と一緒に研修を受けるのですが、デザイナーは一人だけなのでどこのグループにも所属しておらずお昼ご飯は一人で松屋とか食べている時期がありました。途中から企画のグループに入れてもらい仲良くしていただいております。来年そんなことが無いようにたくさんの方に来て欲しいです。

二週目(ハッカソン)

画像1

二週目はまるまる「ハッカソン」というグループワークを行います。企画、営業、エンジニアの混合チーム(5,6人)でLINEの公式アカウントを作りました。テーマはコンビニ・スーパー・ドラッグストアに対して公式アカウントを使って、オンラインとオフラインを近づけることを目的とした新しい機能やサービスを1つ提案すること(※beacon使用必須)。
これがなかなかハードでした。大学院でグループワークをしていたとはいえ、分野の違うメンツと一つのものを作るのは初めてに近く、刺激的でした。同期みんなLINEに入るだけあって優秀で、それぞれスキルが高かったりチームを引っ張ってくれたりと感動しました。
ただ、発表のスライドのデザインをほぼ1人でやったのはしんどかったな。最終日には打ち上げ(会社手配)があり、みんな学生に戻ったような感じで騒いでました。

三週目(プログラミング研修)

画像2

ここからはエンジニアとはバイバイし(別の研修があるため)企画、営業+デザイナー1人でプログラミングの研修を受けます。内容は高校の授業みたいで、最後に好きなものを作りましょうみたいな感じで各々楽しんでやってました。
デザイナーの研修がこれで終わり。次の月曜日から実際に配属なので自分のデスクに行ってね、と急にリードを手放された感じがありましたが、自分のデスクがあるって幸せですね。

次回は配属されてから現在までの様子をお伝えしたいと思います。

Twitterで更新情報をお伝えしています

これからもよろしく✨
24
LINE株式会社のUI/UX、スペースデザイン、ブランドデザイン、イラスト、映像制作をデザインする「クリエイティブセンター」の公式noteです。https://twitter.com/linecreative_jp

こちらでもピックアップされています

クリエイティブセンターの雰囲気
クリエイティブセンターの雰囲気
  • 29本

クリエイティブセンターがどんな組織か、その雰囲気をお伝えする記事をまとめたマガジンです

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。