新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

Instagramを活用したデザインリサーチ

こんにちは。BXデザイン室BXデザイン2チームの横田です。まだまだコロナウイルスの影響で外出しづらい状況の昨今、いかがお過ごしでしょうか。私は外出の機会が減ったことによって、今まで本屋や展示、日常で見かける広告などからしていたインプットが出来なくなったことで、違う方法を模索する日々が続いています。外出せずとも出来るインプットで真っ先に上がる方法として、Pintarestやbehanceなどのサイトでのブラウジングがあげられると思います。ただ、やはり上記のサイトを見ているだけではデザインの幅にも限りがありますよね。
そこで今回の記事では、あまりデザインリサーチの際には名前のあがらない
Instagramでのデザインリサーチについて述べていきたいと思います。Instagramの主なメリットとして、一つはリソースとしての規模が大きい分、様々なアカウントがあるためデザインリサーチの幅が広がりやすいという点。そして、Instagramという同一フォーマット上で様々なデザインを見ることが出来るという点が挙げられると思います。(様々なクリエイターのサイトをブラウジングするよりもこういったサービス上で一括で見れた方が楽だなーと個人的には思います)
同様のメリットがあるサービスとしてPintarestがありますが、個人的にはInstagramの方がスマートフォン上で見る習慣がついているため、ちょっとした空き時間にデザインリサーチをするという点では優れていると思います。

そんなInstagram上にはいくつもデザインリサーチの際に有用なアカウントがりますが、今回は2つのジャンルをメインに、実際のアカウントを交えてご紹介させていただこうと思っています。(私自身、BXデザイナーとして働いているので今回は、ブランディングやグラフィック系のジャンルに絞ってご紹介させていただきます)

まとめアカウント

世界各国の素敵なデザインを集めて紹介しているデザインリサーチの面で非常に役立つアカウントです。デザインと一言で言ってもグラフィックからブランディング、パッケージ、プロダクトなど様々なジャンルがありますが、大体どのジャンルでもそれぞれにフォーカスしたアカウントがあるので、あまりたくさんフォローしなくても毎日ニーズにあった良質なデザインに触れることができるのでオススメです。

[Logo Design]
logos.ai
https://www.instagram.com/logos.ai/

画像6


ロゴ作りにデザインリサーチは欠かせません。各国から様々なトーンのロゴデザインが集まったこのアカウントは、非常にオススメです。

[Branding Design]

branding.mob
https://www.instagram.com/branding.mob/

画像6

welovebranding
https://www.instagram.com/welovebranding/

画像6


上記2アカウントでは、主にブランドデザインを扱っています。モックアップとしても非常にクオリティの高い作品が多く、とても参考になります。

Behance
https://www.instagram.com/behance/

画像6


ポートフォリオサイトとして有名なadobe Behanceにも、Instagramアカウントが存在します。出先でのちょっとした空き時間にぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

今回は比較的ブランディングデザインに関係のあるアカウントをピックアップしましたが、他にもスペースデザインやプロダクトデザインをまとめたアカウントは多数存在します。
気になる方は、一度検索してみていただければと思います!


デザインアワードのアカウント


国内国外問わず、デザインアワードではInstagramアカウントを運営しているケースが多々あります。各国の著名デザイナーのLIVE配信が見れたり、アワードの受賞作がInstagram上で見れたりと、デザインリサーチの場として非常にお勧めできる内容となっています。

theoneclubforcreativity
https://www.instagram.com/theoneclubforcreativity/

画像6


One ShowやADC Awardsの運営元のアカウントになります。
歴代受賞作のほか、また、今年はNYで行われるオフライン授賞式が中止になってしまった影響で、2020の受賞作品がアカウント上で見れたりと非常に充実した内容になっています。

d_and_ad
https://www.instagram.com/d_and_ad/

画像6


こちらもD&ADの運営元のアカウントで、2020の受賞作品や歴代の受賞作品をアップロードしています。メッセージ性の高い広告作品が多く、もちろんクオリティも素晴らしいものばかりなのでオススメです。
他にもCannes Lionsや、Red Dot Design Award、TOPAWARDS ASIAなど様々なデザインアワードのアカウントがありますので、気になる方はぜひ検索してみてください。

上記以外でもInstagram上にはたくさんのクリエイティブ系アカウントが存在しています。最近ではクリエイティブブティックやデザイン事務所がアカウントを開設していたりしますし、好きなクリエイターがいるのであればその人のアカウントを探してみるのも良いですよね。
また、昨今ではInstagram上で人気を博すことで一躍有名になったフォトグラファーも多数存在します。自分のジャンル以外のクリエイターをフォローして気軽に知見を広げられるのもInstagramの良い点だと思います。
最後にもし最近デザインリサーチ同じようなソースばかりで、いまいち幅がないんだよなぁ〜とマンネリを感じている方がいらっしゃるようでしたら、ぜひこの機会にInstagramを活用してみてください。
この記事が少しでもみなさんのお役に立てるようであれば幸いです。

まだまだコロナの影響が続く昨今、今までとの違いに戸惑う部分もあるとは思いますが、お体に気をつけ、より良いクリエイティブを生み出し続けてください!
最後までお読みいただきありがとうございました!

(2020.10.12追記)
クリエイティブセンターのInstagramアカウントもリニューアルしました!フォローよろしくお願いします!


Twitterで更新情報をお伝えしています

これからもよろしく✨
56
LINE株式会社のUI/UX、スペースデザイン、ブランドデザイン、イラスト、映像制作をデザインする「クリエイティブセンター」の公式noteです。https://twitter.com/linecreative_jp

こちらでもピックアップされています

#BX 記事まとめ
#BX 記事まとめ
  • 17本

BXデザインについての記事をまとめたマガジンです。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。