見出し画像

テーマは夏祭り!家族に感謝を伝える社内イベント「LINE Family Day 2019」

こんにちは。BX室 ブランドデザイン1チームの田中です。 今回は、社内イベントのデザインについてご紹介いたします。LINEでは毎年「LINE Family Day」という社員とその家族に参加していただくイベントを、夏休み・ お盆前くらいの時期に開催しています。今年は、国内では東京にあるLINEの本社と大崎オフィス、福岡にあるLINE Fukuokaオフィス で開催しました。(今回ご紹介するのは新宿の様子です)

「LINE Family Day 2019」は、LINERを支えるご家族のみなさんに、感謝の気持ちを伝えることをゴールに、そこに少しでも近づけるよう、今年もスタッフ一同工夫を凝らして取り組みました。
※LINERとは、強いチャレンジ精神と闘志を胸に秘めたLINE社員のことです。

イベントで使用するデザイン全般は、私と同じくブランドデザイン1チームに所属するファン、そしてブランドデザイン2チームの鞠古の3人で主に担当しました。
今年のテーマは「夏祭り」。毎年違うテーマをスタッフ一同でセレクトしています。 老若男女に楽しんでもらえるように、ユニセックスでフレンドリーなデザインを心がけました。提灯や花火をモチーフに使いつつも、つとめて明るく爽やかなカラーリングにしています。真夏のイベントですので、トータルで涼しげな印象にしたいという目標は達成できたと思います。

特製名刺カードが作れる「サテライトエリア」

画像1

今年は、約1200人と参加人数が最も多い本社オフィスでの開催時には、オフィスにほど近い飲食店を貸し切ってサテライトエリアをつくりました。エントランスでは大きなブラウン&コニーののれんがお出迎えし、受付では子供の手にぴったりサイズのオリジナルミニうちわとパンフレットのお渡しをしました。

画像2

LINE Family Day 2019 特製の名刺カードにお名前を書き、シールを貼ってデコレーションしたら、自分だけの名刺のできあがり。パパやママ、LINERの皆さんと交換して、子供たちのためのコミュニケーションツールになる仕組みです。
こちらのエリアにフリードリンクのサービスや授乳スペース、オムツ替えスペースも用意しました。

画像3

そして、「LINE Family Day」の特徴のひとつとして、ご家族のみなさんのお出迎えをするスタッフは、様々な部署から有志で集まったLINERが担当します。スタッフユニフォームには、ブラウンの顔を家紋のようなマークにした法被(はっぴ)を制作。ブラウン・コニーの衣装と色違いのデザインで、夏祭り感も満載になりました。 スタッフはどの会場にも何人も配置されるので、明るい色を身につけることはイメージづくりの上で重要でした。

メインエリアのイメージは「夏祭り」

画像4

受付と名刺カードづくりを済ませたら、会場はオフィス内のメインエリアへと移ります。 キーカラーののれんをくぐり抜けると、夏祭り会場が広がっています。

画像5

屋台ではオリジナルのLINEスタンプを作ることができたり、AIアシスタント「Clova」とお話しができたり 、LINE GAMEで遊べたりと、盛りだくさんでした。 他にも小学生向けプログラミング教室や情報モラル教室など、親子で楽しめるイベントが充実。
エントランスのれん・屋台のれん・のぼり・提灯も全てオリジナルで制作し、運営スタッフの皆さんと協力して飾りつけました。 ポスターやうちわについては、提灯のイラストでインパクトを持たせ、のれん類はシンプルにするなどデザインのトータルバランスを大切にしながら、イベントツール全体を作りあげていきました。明るい陽が差し込む会場で、LINEの夏祭りを気持ちよく過ごしていただけたのではないでしょうか。

画像6


ブラウン&コニーと写真が撮れる「写真撮影コーナー」

画像7

写真撮影コーナーでは、設置された「Clova」に話しかけると、「Clova」が写真を撮ってくれます。ブラウンとコニーと一緒に記念撮影ができるのですが、もちろんブラウンとコニーの衣装もブランドデザインチームで制作。撮影用に、 大きなうちわや手持ちの提灯も用意したんです。「Clova」が写真を撮ってくれるシステムも、撮影後にQRコードを読み込んでデータをダウンロードできる仕組みも、社内でオリジナルで作った仕組みです。
さらにプリントした写真をオリジナルのフォトカードに入れてプレゼント。このコンテンツは非常に人気で、たくさんのゲストが利用してくれました!

画像8


可愛いキャラクターグッズが当たる!?「Lucky Store」

画像9

最後に、「Lucky store」屋台では、LINEを起動したスマホをかざすとガチャガチャができる仕組みを用意しました。ガチャガチャの中に仕込まれているLINE Beaconが反応して、自動でカプセルが出てくるというものです。ガチャガチャ本体にデザインカバーを被せることで、不思議感をアップさせたのがポイントです。この仕組みも大変好評で、ゲストに特にWOWを感じてもらえたようでした。賞品は、ブラウンとサリーのイラストをあしらったオリジナルポテトチップスとLINE Friends グッズの2つをご用意。どちらが当たってもかわいいキャラクターグッズのプレゼントなので、子供たちも嬉しそうでしたね。

画像10

終わりに

盛りだくさんのイベントツールを、全て社内のスタッフで制作した「LINE Family Day 2019」。全体を通して非常に好評をいただけたと思います。デザインに関しても「夏祭り感がとても感じられ、爽やかで可愛らしかった」と、社内外の人から良い感想をもらうことができました!
実は私も家族を呼んで、ゲストとしてもイベントを楽しみました。家族みんながとても喜んでくれて、特に両親には親孝行をした気持ちになれて嬉しかったです。
おかげさまで「LINE Family Day 2019」ではたくさんのゲストの笑顔を見ることができました。2020年はどんなテーマでイベントを盛り上げるのでしょうか? 今から楽しみです!
では、最後まで読んでくださりありがとうございました。

画像11


Twitterで更新情報をお伝えしています

Twitterもやってます!@linecreative_jp
25
LINE株式会社のUI/UX、スペースデザイン、ブランドデザイン、イラスト、映像制作をデザインする「クリエイティブセンター」の公式noteです。https://twitter.com/linecreative_jp

こちらでもピックアップされています

#BX 記事まとめ
#BX 記事まとめ
  • 17本

BXデザインについての記事をまとめたマガジンです。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。