新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

Professional&Creative~新卒入社デザイナーが持つべき心構え~

こんにちは、UIデザイン6チームのParkです。 現在、新型コロナウイルスの影響により求人広告は目立って減り、オンラインによる面接など就職活動には大きな変化が起こりました。
このように大変な事態を乗り越え、現在様々な会社に新卒で入社することになった新卒入社デザイナーの方々がいると思います。 そんな方々に、そして若手デザイナーの方にも、私が今までデザイナーとして経験したことを少しでも共有したいと思い、この文を作成することになりました。
もちろん、私がここで文章で作成した内容は絶対的な正解ではなく、あくまで個人の意見です。 しかし、皆さんがより良いデザイナーになれるよう、少しでもお役に立てたら嬉しいです。

Professional(プロと言うなら?)

Professionalとは、どういう意味でしょうか。
辞書的な意味では、あることを専門にしたり、そのような知識や技術を持った人です。 ですから、皆さんはプロのデザイナーとして入社した社内の全部署の中で、デザインについて最もよく知っている人になるべきだということになると思います。
だからと言ってあまり心配しないでください。 分からないことがあったら、先輩デザイナーの方々に聞いて一緒に解決すればいいのですから。 とはいえ、現在の自分の水準がどこに位置しているかは知るべきではないでしょうか。先輩たちが指示する業務だけをしたり、会社の仕事だけに閉じ込められている状況では私たちは自分の水準がどこにあるのかも分からなくなり、真のプロにはなれません。 そのため、我々は現在の市場の流れの中で、デザイントレンドがどのように流れているのか、常に見守らなければなりません。
競合他社や全く異なる業界のデザインはもちろん、現在のデザイントレンドを導いていくトップデザイナーたちが共有する知識と経験までを知る必要があるでしょう。 このような努力を通じて、皆さんは自分の水準、ひいては世界のデザイナーのレベルを知ることができるでしょう。
私たちはプロです。 自分に足りない部分があれば、自ら補わなければならないし、常に成長しようとする姿勢を持たなければなりません。 このようなProfessionalな姿勢を持ってこそ、皆さんは社内で認められ、社会でも認められるデザイナーになれるでしょう。

Creative (企画書そのままデザインするな)

ここで意味するCreativeは、皆さんが主に知っている芸術的な意味の創意性ではなく、新しい方法論に対する創意性を意味します。 日々が変化し続ける昨今の現代社会では、サービスに対するユーザーのNeedsは毎回変わるものです。 そのため、皆さんがある一つのサービスを担当することになった新人デザイナーなら、ユーザーのNeedsを予測して、それに見合ったサービスを提供できるCreativeなデザイナーにならなければなりません。
そのためには、まず自分が担当するようになったサービスについて勉強してください。 たとえばサービスの企画意図や目的、そして主要ターゲット層など様々なことを理解する必要があります。 そして、直接的・間接的にでも自分が担当するようになったサービスを体験してみてください。 同種業界のサービスを利用してみるのも良い方法です。 このようなサービスに対する知識と経験がなければデザイナーは単純に企画者から渡された企画書通りにデザインするしかないため、Creativeなデザインが出にくくなります。
もちろん、渡された企画書の内容を視覚的に表現することもデザイナーの役割の1つと言えます。 しかし、デザイナーは単に誰かの考えをそのまま代わりに表現する道具ではありません。 それ以上の存在になるためには、デザインをしながらも絶えずユーザーのNeedsを予測し、満足させるために悩み続けなければなりません。 企画書は、必ずしも絶対的な正解ではありません。 受け取った企画書を元に、あなたが発展させたCreativeなデザインを企画者に提案し、意見を交換してください。 このような皆さんの姿勢と行動は、企画者はもちろんサービスを持続的に発展させるのに役立ちます。 どうかCreativeなデザイナーになってください!

最後に

今回は、新卒入社デザイナーが持つべき心構え2つを紹介しました。 私もまだまだ未熟な部分が多いデザイナーですが、いつもこの2つを忘れないで守ろうと努力しています。 長文を読んでくれてありがとうございます。

Twitterで更新情報をお伝えしています

Twitterもやってます!@linecreative_jp
45
LINE株式会社のUI/UX、スペースデザイン、ブランドデザイン、イラスト、映像制作をデザインする「クリエイティブセンター」の公式noteです。https://twitter.com/linecreative_jp

こちらでもピックアップされています

クリエイティブセンターの雰囲気
クリエイティブセンターの雰囲気
  • 29本

クリエイティブセンターがどんな組織か、その雰囲気をお伝えする記事をまとめたマガジンです

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。